話題の終活を始めよう|残された家族の為に行なう生前整理は自分の為でもある

残された家族の為に行なう生前整理は自分の為でもある

  1. ホーム
  2. 話題の終活を始めよう

話題の終活を始めよう

婦人

遺品整理は大変な作業

現在の日本は超高齢化社会に突入しており、実に四人に一人が65歳以上の高齢者になっていますが、そういった中で話題を集めているのが「終活」という活動です。終活とは、人生の終わりの時を向えるために行う様々な活動であり、たとえば遺産相続に関しての手続きを行ったり、自分自身の葬式やお墓に関しての手続きや支払いを終えておくことなども、活動の一環になっています。そんな終活において、特に積極的に進めておきたいのが「生前整理」です。生前整理とは、故人となった後に親族などが行う「遺品整理」を、存命の間に本人が行うという活動になっています。現在の日本は核家族化も進んでいるため、高齢者が一人暮らしをしていることもさほど珍しくはありません。そういった中で、死に伴って自宅に大量の荷物を残してしまうのではなく、生きている間に生前整理を行って荷物を少しでも減らしておくことで、残される親族が遺品整理を行うにあたっての負担を大幅に軽くすることができるのです。

思い切りが肝心

生前整理は長い時間を掛けて少しづつコツコツと行うこともできますが、思い出がある品物を処分することが出来ないといった理由で、なかなか作業が進まないことがしばしばあります。そういった際に活用したいのが、生前整理のサポートを行ってくれる業者のサービスです。これは、いる物といらない物を分けて一度に大量の荷物を処分することで、なかなか手放す事ができなかった品々を、思い切って処分することが可能になるためです。またゴミの分別をすることなく、燃えるごみも燃えないごみも、さらに粗大ごみもまとめて処分することができるため、手間も時間も掛けることなく生前整理を進めることが可能になるのも、見逃せないメリットになっています。