死を前にすべきこと|残された家族の為に行なう生前整理は自分の為でもある

残された家族の為に行なう生前整理は自分の為でもある

  1. ホーム
  2. 死を前にすべきこと

死を前にすべきこと

作業員

持ち物を片づける

人がなくなった後の片づけは簡単ではありません。財産がある場合には相続手続きが必要になりますし、財産とは言えないまでも遺品がある場合には形見分けなどが必要になります。しかし、本人が亡くなってしまうと、何を誰に相続させるべきなのか、誰に渡すべきなのかは分かりません。そもそも、死期を前にした段階で、自分の持ち物を整理しておくことが大切なのです。このように、人生の終焉に向かって様々な整理をすることを生前整理と言います。基本的には生前聖地は自分で行うものですが、一人でするのは大変という人は、専門のアドバイザー資格を持っている人からアドバイスを受けながら生前整理を行うと、より効率的な整理を行うことができます。

安心して旅立つ

生前整理を行う場合には、まずは、物を減らすことが大切です。死後の世界にまで物を持っていけるわけではありませんので、基本は相続財産以外の荷物は処分することです。昔の写真や手紙を残されても、子どもが処分できるわけではありません。自分のものは自分で片付けるというのが基本です。また、自分が生きている間はどうしても処分できないというものもあります。そのようなものは、まとめて最終的に処分してもらうようにすることです。例えば、棺の中に入れてもらうとか、焼却処分してもらうなど、簡単に処分できるように整理しておけば、遺族を困らせることもありません。また、相続財産については遺言で明らかにしておくことが一番です。それらをまとめて生前整理することで、安心して旅立つことができます。