残された家族の為に行なう生前整理は自分の為でもある

婦人

話題の終活を始めよう

自分が故人となった際、残される親族に掛かる負担を減らすためにも行いたいのが終活ですが、中でも特に積極的に行いたいのが生前整理です。これは時間も手間も費用も掛かる遺品整理の負担を大幅に軽減することができるためです。思い切って処分することができない際には、業者のサービスを活用してみるといいでしょう。

作業員

死を前にすべきこと

人は死後の世界にまで物を持っていけるわけではありませんので、生きている間に整理しておかなければ、残された遺族が困ってしまいます。生前整理を行うことによって、残していくものを減らすことができますので、安心して旅立てます。

ダンボール

思い切って処分しよう

終活をする人が多くなってきており、生前整理という言葉も主流になってきています。葬儀社に相談をしたり、終活專門の業者にアドバイスをしてもらったりして、不要なものをどんどん処分していきましょう。そうすれば、周囲に迷惑をかけずに済みます。

これからの人生を身軽に

段ボール

開始するタイミングが重要

生前整理を行う事は、残された家族の為には勿論なりますが、何より自分のこれからの人生が身軽になるメリットがあります。財産に関わるものは、将来トラブルの元になります。誰にどれだけと悩む事はストレスになり、健康に良くありません。生前整理により財産を把握でき、残された家族が困らない様にする事で、自分も不安なく残りの人生を謳歌できます。不要な物が溢れている部屋ではこの先転倒のリスクもあります。介護保険をこの先使う必要があるかもしれません。ケアマネージャーやヘルパーの訪問があり、散乱した家を見せる事になります。整理した部屋は不用品はなくスッキリした空間で迎える事ができます。生前整理は良い事が多いですが、始めるタイミングが難しいです。高齢になってから開始すると体は弱っており、満足にできない可能性があります。その為、元気な内から開始する方が良いと言われています。

専門機関を活用すると楽

生前整理を行う時、色々な機関に相談する事で楽にできたり、お得になったりする可能性があります。生前整理では主に財産系と物品系の整理があります。財産系とは家や土地、証券や車などです。相続の為に整理しますが、把握だけでも難しく目録作りや遺言状なども用意する必要があります。弁護士や司法書士などの専門家に相談する事で、煩わしい手続きが楽になる事が期待できます。また、生前贈与で相続税が得になるかなども相談する事ができます。物品系の整理には使わない服や贈り物の使用しない食器などの整理です。不用品が出ると処分しますが、何年も溜めた思い出の品々の数は相当数あります。処分には分別も必要で多大な労力を要します。処分業者やリサイクル業者に依頼する事で、処分が楽になり、買い取りもしてくれる可能性もあります。この様に、一人でする事が生前整理の条件ではないので、活用できる機関は活用する事で、負担なく整理に挑む事ができます。